注文住宅と借入のポイントとは

住宅を取得する多くの方にとって、どれくらいの借入ができるかは大きな問題です。
この注文住宅の場合の住宅ローンの借入限度額が決まる条件は、土地や建物の担保価値に左右されると同時に、借入する本人の年収にも関わってきます。

この二つの要素の中で融資額が低いものが借り入れの限度額となるのです。
土地や建物の限度額に関しては一般的な銀行では原則として融資額の上限を1億円としています。

群馬の工務店のお役立ちコンテンツ満載です。

それとは別に、融資の上限は必要な金額や物件価格の8割程度までとしています。

つまり物件価格や建築費のうち融資してもらえるのは8割までで残りの2割は手持ち資金として賄う必要があるということです。

これは一般の金融機関のケースで住宅専門の融資を行っているフラット35などでは必要な物件価格や工事建築費の100%を上限としておりますので借入先を選ぶことで調整することができます。


また借り入れをする本人の年収に関しましては、借入申込をした金融機関が審査を行って決まります。

審査基準は金融機関によっても変わってきますが、年収に占めるすべての借り入れの年間合計返済額の割合が重視されます。

万が一この条件に満たない場合は融資が降りないこともありますが、本人の収入だけでは返済負担率が基準を超えてしまう場合には、配偶者八百屋などの収入を合算して審査申請することもできます。



ただし、借り入れをして無理なく返済をしていける目安は年収の20%から25%とされていますのでその範囲内での注文住宅のための借り入れが望ましいと言えるでしょう。
こうした注文住宅の借入を計算する際には返済シミュレーションなどを利用すると便利です。