パンフレットをデザイン会社に制作依頼するポイント

main-img

パンフレット作成をデザイン会社に依頼する前に大事なことがあります。

誰に何を伝えたいか。

つまり、5W1Hをよく見極めて優先順位を考えます。
制作コストの予算は限られていますから、どうしてもパンフレットに情報をたくさん詰め込みたくなるものです。

しかし、情報が多すぎて結果的に何も伝わらなくなる可能性は否定できません。
まずは目的です。
商品の詳細な情報を伝える商品パンフレットなのか、会社の業務内容を伝える会社案内なのか、新規事業展開のための資料なのかなど。


そして、ターゲットです。

どんな人に情報を伝えるか。
商品を購入する人なのか、商品を販売する人なのかなど具体的にしていきます。


その次には、ページ構成です。
デザイン会社に丸投げするのではなくその事柄について一番乗り会社はあなた自身です。

どう伝えるべきかは最終的には何をして欲しいかがゴールです。そこから逆算して行きます。
どの順番に情報を伝えるのか、結果的にパンフレットでどういう効果を上げたいのかを考えます。最後に、素材です。

伝えたいものが商品であれば商品の画像(サービスであればイメージ画像)と詳細な情報をテキストにしておく。最低でもキーワードをリスト化しておく。


素材は多ければ多いほどバリエーションが増えますが、いたずらに多くても意味はありませんが、選択肢は少ないより多いほうが良いのです。
これらのことを踏まえて、デザイン会社に製作依頼をすることで打ち合わせはスムーズに進み目的を達成できるのです。


デザイン会社との最初の打ち合わせは貴重な時間ですから、お互いが納得出来ないまま終わらない勇気も必要です。

最近何かと話題のマキタの電動工具の検索がとっても楽になりました。

様々な制御盤の詳細情報となります。

非破壊検査に関する情報を公開中です。

給湯器の故障の情報をご説明します。

岐阜のガスコンロ情報の差に驚きました。

https://okwave.jp/qa/q1714526.html

https://allabout.co.jp/gm/gc/460618/

http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=SU20160606112325

関連リンク

subpage01

革クリーニングについて

洋服のクリーニングをされる方はたくさんいらっしゃいますが、クリーニング業者は洋服だけではなく、革製品を専門としておこなっているところもあります。革製品はブーツやバッグ、財布やベルト、革ジャンなどさまざまな商品が対応可能となっています。...

more
subpage02

クリーニング店の上手な使い方

自宅で洗濯出来ない衣類などはクリーニングに出す必要があります。しかしただ単に近所のクリーニング店に出せば必ず綺麗になって、手元に返ってくるわけではありません。...

more